fbpx

COLUMN

ラム

不動産投資スクールとは|通うべき人・通うべきではない人を診断します

不動産投資スクールとは|通うべき人・通うべきではない人を診断します

不動産投資は分からないことだらけ。一人で勉強して投資するまでには時間がかかってしまいます。
そんな不動産投資を基礎が学べる、不動産投資スクールがあるのをご存じですか?
ここでは、不動産投資スクールに向いている人と、向いていない人、不動産投資スクールの選び方についてご紹介したいと思います。

【目次】

■不動産投資スクールとは
・通信講座との違い
・不動産投資スクールのメリット・デメリット
・オンラインによる受講は可能?
■不動産投資スクールにかかる費用や期間
■不動産投資スクールに向いている人の特徴
・不動産投資で失敗した経験がある人
・失敗事例も聞きたいと思っている人
・投資を長期的に考えている人
■不動産投資スクールに向いていない人の特徴
・投資以外にお金をかけたくない
・勉強するのが苦手
■不動産投資スクールを選ぶ時のポイント
・どんな人が講師をしているのか
・カリキュラムの内容
・無料体験セミナーがあるかどうか
■まとめ

不動産投資スクールとは

不動産投資スクールとは、不動産投資をはじめるまでの物件選びや収支の計算方法、物件の管理までトータルで学ぶことができる学校です。

・通信講座との違い
通信講座はテキストが郵送され、自分で学ぶのに対して、不動産投資スクールは、教室で受講するものと、
オンラインで受講するものを選ぶことができます。
どちらも、不動産投資を熟知した講師が初心者向けに分かりやすく解説しているので、独学で学ぶよりも理解度が高まることから注目を集めています。

・不動産投資スクールのメリット・デメリット
不動産投資スクールは、学ぶべきことがテキストに集約されているので、順を追って効率よく学ぶことができます。また、教室で受講する場合、不動産投資を学んでいる人との交流や、講師に質問できる機会もあるので、専門書に載っていない情報を得るチャンスがあります。
不動産投資仲間ができればモチベーションアップにもつながりますし、相談できる相手がいるというのは大きな安心にもつながるのではないでしょうか。一方で、受講日に合わせてスケジュールを組む必要がありますし、仕事と勉強の両立が難しいという側面もあります。不動産投資スクールは、不動産投資に特化した専門的な知識を学べるので、テキスト代や受講料も高額になります。もちろん分割払いも可能ですが、30万円前後の料金がかかるので、受講料の金額も考慮して学校選びをしなければいけません。

・オンラインによる受講は可能?
不動産投資スクールは、教室にいけない人のためにオンラインによる受講も可能です。
不動産投資スクールには以下の3つの受講スタイルがあります。

・教室受講
・オンライン授業
・収録授業

このように、オンライン授業では教室で行っている授業をそのままライブ授業として配信する他、予定が合わない人のために、収録した授業を見ることも可能です。そのため、スケジュールが合わない日でも、休日にまとめて収録授業を受けることができるので、時間の調整も必要ありません。

不動産投資スクールにかかる費用や期間

不動産投資スクールは、カリキュラムの内容によっても費用や期間はまちまちですが、
90分授業を15回に設定している学校では、費用は約30万円前後となります。受講する時間帯は、週に1回、仕事終わりでも受講できるよう19:30~21:00で計画されています。毎週受講できれば、3ヶ月程度で学ぶことができますし、教材が発送されてから最長でも2年間の余裕を持たせているので、ライフスタイルに合わせて学ぶことができるでしょう。教室で授業を受けるか、それともオンラインかが選べる不動産投資スクールですが、向き不向きがあります。どんな人が向いているのでしょうか。

不動産投資スクールに向いている人の特徴

不動産投資に興味があり、なおかつ教室に通おうかどうか迷っている人は、不動産投資に対して非常に前向きであると言えます。教室受講とオンラインかが選べ、基礎から実践まで幅広く学べる場所なので、不動産投資をゼロから学びたいという人におすすめです。一方で、不動産投資に失敗した経験がある人や、失敗したからこそ、デメリットや失敗事例も聞きたいと思っている人は、不動産投資を長期的に考えているので、気になったことを直接質問できる場があります。独学で学ぶよりも聞きたいことが質問できるので、有意義な情報を得ることができるでしょう。

・不動産投資で失敗した経験がある人
不動産投資は、できれば失敗したくありませんが、情報収集の甘さや知識不足により、想定していたものとは違ってしまうことも少なくありません。物件選びの失敗や、空室による収支計画の乱れなどにより、計画通りにいかなくなってしまうこともあります。本当はもっとこうしたかった。という想いがある人は、基礎から学ぶことで、知識が間違っていたということに気づくかもしれません。不動産投資で失敗してしまったけど、もう一度チャレンジしてみたいという人は、不動産投資スクールで学びなおしてみましょう。

・失敗事例も聞きたいと思っている人
不動産投資は、安定した家賃収入が得られるというイメージがありますが、長期的に運用するにあたっては、台風や災害などの他、空室をどのように対処して埋めるかなどといった、リスク回避も必要です。失敗事例や、リスク回避は、知っているのと知らないのとでは大きく差が出てしまうもの。良い情報だけでなく、マイナスの情報も知りたいと思う人は、講師や受講者とのつながりができれば、生の情報や体験談、その他いろいろな情報を得ることができます。不動産投資を失敗させないためにも、経験談や失敗談も積極的に聞く機会を作るようにしましょう。

・投資を長期的に考えている人
30万円前後の受講料も、自分への投資のひとつです。不動産投資に限らず、投資を長期的に考え、色々なジャンルでチャレンジしてみたいと思う人は、基礎を学ぶことで次のステップに進むことができます。
10年後、20年後を見据えて投資を考えているなら、不動産投資スクールで基礎を学びステップアップしていきましょう。

不動産投資スクールに向いていない人の特徴

不動産投資スクールに向いている人がいるのに対してどんな人が向いていないのでしょうか。

・投資以外にお金をかけたくない
不動産投資スクールは、受講するのにお金がかかります。これは、自分や将来に対しての投資のひとつですが、投資以外にお金をかけたくないという人にはおすすめできません。不動産投資には、独学で学ぶ方法もあるので、学校に通わなくても学べる方法はあります。大事なのは自分に合った方法を選択することなので、慎重に判断するようにしましょう。

・勉強するのが苦手
不動産投資スクールは、テキストを元に専門家による講義を受けます。聞くだけではなく、自分で理解するためにも復習が必要です、しかし、そもそも勉強をするのが苦手という人は、授業を受けることが苦痛になってしまうかもしれません。個別相談やセミナーに勉強会など、選択肢はたくさんあるので、どの形なら長く続けられるか考えて、あなたに合ったものを選ぶことが重要です。

不動産投資スクールを選ぶ時のポイント

不動産投資スクールを選ぶ際にはどんな点に注意したらいいのでしょうか。

・どんな人が講師をしているのか
授業が分かりやすいかどうかは、非常に重要なポイントです。特に講師の経歴やどんな資格を持っているのか確認しましょう。講師のプロフィール欄には、今までの経歴などが記載されている場合があります。不動産投資の実績が記載されているなら、体験談として生の情報が聞けるかもしれません。

・カリキュラムの内容
上記でご紹介した一例は、90分授業で15コマというものでした。
授業時間によって金額も変わってきますし、カリキュラムが求めているものと合致していなければ意味がありません。カリキュラムの内容と、授業時間数を確認し、続けられるかどうか事前にシミレーションしておくことも重要です。

・無料体験セミナーがあるかどうか
講師やカリキュラムの内容に魅力を感じても、実際に通ってみたら違ったということも少なくありません。
受講料を支払うので、やっぱり違ったということがないように、無料体験セミナーを受講して、授業の雰囲気や流れなどを最終確認できるかどうかもチェックします。不動産投資に知識を得て実践に活かすためには、重要なものばかりなので、必ず体験授業を受けてから決めるようにしましょう。

まとめ

不動産投資スクールは、上手に利用すれば独学では学べない体験談を聞けるチャンスになります。気になった人は、無料の体験セミナーからはじめて、どんなものを学ぶのか体験してみると、新たな発見や気づきが生まれるかもしれません。

RANKING

ンキング