fbpx

COLUMN

ラム

資産運用で成功するための3つのコツ

資産運用
資産運用で成功するための3つのコツ

せっかく資産運用をするのであれば、少しでも成功する確率を上げたいと思っていることでしょう。

本記事では、資産運用で成功するためのコツについて、3つに分けて解説していきたいと思います。

資産運用で成功するためのコツ1:大きな失敗を避ける

資産運用で成功するには、大きな失敗を避けることが重要です。大きな失敗をしてしまうと、ダメージが大きく再起不能になるケースもあるので注意しましょう。

一発退場を避ける

大きなリターンを狙える資産運用もあります。しかし、リターンが大きければ、その分リスクも高くなる点には注意が必要です。

特に、FXや株の信用取引などはリターンが大きい分、マイナスになった場合も損失も高額になります。場合によっては、大きな借金を負ってしまうケースもあるのです。

資産運用初心者では、リスクの高い運用に成功するにはかなりのハードルの高さがあります。

長期で考える

短期間で儲けようと考えると、ハイリスクな投資に手を出してしまいがちです。ハイリスクな投資で失敗してしまうと、運用資金がマイナスになってしまい、それ以上の運用ができなくなるだけでなく負債を抱えてしまう可能性があります。

資産運用するなら長期的な視点で運用することが重要です。リターンは少なくても長期間コツコツ積み上げれば、気づいたら大きな資産になっている可能性があります。一つひとつの成功や失敗に一喜一憂して感情的になると、運用判断を間違う場合もあるものです。目先のことに捉われず長期的に、コツコツと資産を運用していきましょう。

小さく始めるのがおすすめ

特に初心者は、最初は小さな額から資産運用をすることをおすすめします。必要な生活費を確保したうえで余剰金を資産運用するのが原則です。

小さく始めることで、万が一、失敗しても損失も小さくて済みます。まずは、小さく始めて運用経験や知識を身に付け、徐々に運用額を大きくしていくとよいでしょう。

資産運用で成功するためのコツ2:生活費の見直しも考えよう

資産運用をするための資金の確保として、生活費の見直しを検討するとよいでしょう。生活費を抑えてその分資産運用に回せるようになれば、その分運用効率もアップするものです。

コツコツ積み立てられれば成功の可能性は高まる

資産運用では、長期的な目線で安定してコツコツ積み立てることが重要です。日々で見るとわずかな利益でしかなくても、長期的には成功する可能性が高まるものです。

積立額を大きくするための日々の生活費を見直す

資産運用の効果を高めるには、積立額を大きくする必要があります。そのための資金として、生活費を見直すことが重要です。

自分にとって必要な支出と無駄な支出を明確にし、無駄を削減していきましょう。具体的には、次のような項目で支出を見直すと効果的です。

・水道光熱費

・スマホなどの通信費

・保険料

・居住費

固定費は、支出の中でも大きな割合を占めているので、見直すことで大きな節約が可能です。

特に、契約会社やプランを見直すと、その後も節約効果が続くので一度見直してみるとよいでしょう。

資産運用で成功するために理解しておきたい複利効果

複利効果とは、利益で利益を生み出し雪だるま式に利益が膨れ上がることです。

例えば、100万円を投資し、年3万円の利益が出たとします。この3万円を投資元本に組み入れることで、翌年は103万円を投資できより利益を高めることが可能です。

さらに翌年では、103万円で得た利益を元本に組み入れて再投資します。これを長期間続けることで、より大きな利益を得られるのです。

資産運用で成功するためのコツ3:自分に合った資産運用を選ぶ

資産運用方法は、さまざまな方法があります。その中から自分に合った運用方法を選ぶことが重要です。

資産運用にはいろいろな種類がある

資産運用方法には、主に次のような種類があります。

  メリット デメリット
銀行預金 口座があればだれでもできる  

元本保証あり

大きなリターンは見込めない
株式投資 大きなリターンを見込める 損失が大きくなる可能性がある
投資信託 少額から投資できる  

安定したリターンを見込める

大きなリターンは見込めない  

手数料が比較的高額

不動産投資 長期的に安定した収益を得られる  

不動産を自分の資産にできる

高額な投資金額が必要  

空室などのリスクがある

FX 大きなリターンが見込める 損失が大きくなる可能性がある
iDeCo 税制優遇措置がある 途中解約できない  

手数料がかかる

国債 安全性がある 大きなリターンは狙えない

運用方法によって、リスクやリターン、メリット・デメリットが大きく異なります。それぞれについて理解したうえで、自分に合った運用方法を選ぶとよいでしょう。

資産運用の種類について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

得たいリターンから資産運用法を選ぶ

資産運用の種類によってリターンも異なります。

・短期間で大きなリターンを狙いたい

・リターンは小さくてもリスクを抑えたい

基本的に短期間で大きなリターンを狙う場合は、リスクも高くなる覚悟が必要です。反対に、元本割れしたくないなどリスクを抑えたい場合は、大きなリターンを狙うのは難しいでしょう。

資産運用の目的や運用期間に応じて、必要なリターンを得られる方法を選ぶようにしましょう。ただし、初心者の場合は、リスクを抑えて長期間で運用するのが鉄則です。

不動産投資がおすすめ

資産運用でおすすめなのが不動産投資です。不動産投資では、不動産に投資することで毎月の家賃収入を得られます。大きなリターンは見込めませんが、入居者との契約期間中は長期にわたり安定して収入を得られるというメリットがあります。

また、ローン完済後は不動産を自分の資産にでき、家賃収入もすべて手元に残るため年金代わりにもなり、老後の生活の安定につながるでしょう。不動産はインフレにも強い資産でもあるため、不動産投資を他の資産運用と組み合わせることでリスクヘッジにもなるので、おすすめです。

まとめ

資産運用の成功のコツをお伝えしました。

資産運用では、長期的にコツコツと運用することが重要です。

大きなリターンを狙えばリスクも高くなるため、初心者の資産運用としてはおすすめできません。

資産運用の種類によって特徴が異なるので、自分に合った運用方法で無理なく運用をスタートするとよいでしょう。

 

 

RANKING

ンキング