fbpx

BLOG

ログ

ダークファンタジー異世界転生【オーバーロード】

ブログ
ダークファンタジー異世界転生【オーバーロード】

こんにちは!
営業部の井戸谷です。
前回はおすすめ漫画でしたが、今回はおすすめの小説をご紹介いたします( ゚Д゚)

著者、丸山くがね(旧名:むちむちぷりん)の小説、オーバーロードです。
元々は「Arcadia」「小説家になろう」という一般の人が小説を投稿できるウェブサイトで連載されていた作品です。

現在も削除されることなく、掲載はされておりますので、どなたでも無料で読むことができます。
その後、単行本化されて出版、小説は現在14巻まで出ております。
漫画化もされており、漫画も14巻まで出ております。
小説が苦手な方は漫画で読んでみてください。
アニメも3期まで放送されており、現在4期の放送が決定し、さらには映画化も決まっています。
現在アマゾンプライムで3期まですべて見れますので、ぜひ見てみてください。

さて、改めてどんな内容なのか、ですが…

時代は2138年。一大ブームを起こした仮想現実体感型のオンラインゲーム、「ユグドラシル」がサービスの終了を迎えようとしていた。
プレイヤーの鈴木悟=モモンガもかつて栄光を放った自身のギルド、「アインズ・ウール・ゴウン」内でサービス終了の時を静かに待っていた。
そしてサービス終了の瞬間が訪れるが、なぜかログアウトしないゲーム。
更に意思をもって動き、話し出すNPCたち(NPC=ノンプレイヤーキャラ)ギルドの外には今までユグドラシルの世界にはなかった、見たこともない異世界が広がっていた。
自身のキャラクター、モモンガとしてゲームの世界に転生してしまった主人公は、最強の大魔法使いとして君臨する。
自身のかつての仲間を探すという目的のもと、その世界にアインズ・ウール・ゴウンの名を広めるために世界征服を目指す。
という物語です。

主人公はこのブログ冒頭画像の、目に赤い光を宿した骸骨で、人間の姿ではありません。
決して正義の味方というわけではなく、ナザリック(主人公たちの拠点)の為ならば人を殺害することも躊躇しません。

また、登場するキャラクターも魅力があり、全てのキャラクターが元々はただのゲーム内のNPCでした。
ギルド内のモモンガのかつての仲間たちによって創造されたそのNPCたちはモモンガに絶対の忠誠を誓っており、世界征服という目標に向けてそれぞれが前進しています。

ダークファンタジー異世界転生【オーバーロード】


そして何が一番面白いかというとナザリック勢のキャラクターが主人公を筆頭にこの異世界で最強ということです。
ユグドラシルでは第一位階~第十位階までの魔法があり、さらに第十位階の上には超位魔法と呼ばれるものがあります。
(弱:第一位階~~~第十位階:強)

主人公モモンガは魔法を専門としていましたから、そのすべてを当然のように使うことができます。
しかし、この異世界では熟練の魔法使いが第三位階、英雄と呼ばれる存在で第五位階、実力ある魔法使いが数人集まって儀式を行ってやっと使えるのが第七位階と言われています。
第八位階より上の魔法は伝説の話で、実際には存在しないと思われています。
そんな存在しないはずの伝説級の魔法を当たり前のごとく使う主人公、そしてその実力に近いものを持つNPCたち。
もうお分かりですよね。主人公たちはこの世界で最強の中の最強なのです。

そんな主人公たちが世界征服目指して知略を使い、時には皇帝や王様をびっくりさせるほどの力を発揮していく、爽快な物語となっています。
ただ、あくまでも正義ではなく主人公は悪側なので、その点だけご注意を。

主人公が最強な話が好きな人はぜひ一度見てみてくださいね。

ちなみに、私の推しキャラクターを紹介いたしますと、ナザリック戦闘メイド集団、プレアデスの一人、「ナーベラル・ガンマ」です。

ダークファンタジー異世界転生【オーバーロード】

人間という種族を虫けら程度にしか思っておらず、軽蔑した目で人を見下します。
普段は人の見た目をしていますが、真の姿を持っています。
強さも折り紙付きで、雷魔法に特化しており、先述の第八位階の魔法まで使いこなすことができます。
つまり伝説級の魔法を使える存在です。
その反面、言ってはいけないところでナザリックの内部のNPCの名前を口に出してしまったり、一時的に協力関係になる人間の名前を憶えていないなど、ポンコツな部分も多いです。
私はサバサバとした性格ととてつもない強さ、その反面のポンコツな部分のギャップにやられてしまいました。
ぜひ彼女にも注目してみてください。

皆様も、ご自身の中での推しキャラクターを見つけて私に教えてくださいね。

RANKING

ンキング