fbpx

BLOG

ログ

リモコンの寿命

ブログ
リモコンの寿命

お世話になっております。賃貸管理部の田中でございます。

一般的に、リモコンの寿命は平均2年と言われております。(※タナぺディア調べ)
 
電機メーカーの策略か、神の定めた摂理か、判断は難しいところですが、兎角彼らの寿命は本体に比べて短く、儚い。
 
例に漏れず我が家のリモコンも、テレビは2台目、エアコンは3台目です。
 
テレビリモコン初代は、ある朝目覚めたらテーブルの上で無惨に溺死しておりました。
近くには凶器と思われるまだ乾ききっていないグラスと、茶色い猫毛が。。。
 
 
容疑者A
 
 
 
残念ながら証拠不十分となり、犯人逮捕とは至っておりません。
 
エアコンリモコンについては、1台目は行方不明のまま迷宮入りをしました。
普段はベットボード部分に勾留されており、ベットサイドにはゴミ箱が建っていた為、何者かに突き落とされてゴミ箱に落下し、そのまま発見されずに他のゴミと共に焼却された可能性が高い状況です。
 
2台目については、タオルケットと一緒に洗濯されました。
つい先日のことです。
洗濯機からタオルケットを持ち上げた際に、湖底で冷たく横たわっている姿が発見されました。
 
犯人は妻です。
 
発見後、ボタンを叩いて呼びかけても反応しなかった為、すぐに身体の水滴を拭き取り、電池を入れ替えて再度叩いて呼びかけるも反応せず。
意識不明の重体です。
 
ネットで救命対応について調べてみると、ドライヤーで乾かすと息を吹き返す可能性があるとのこと。
 
手順としては
 
1.  電池を抜く
2.  ティッシュやタオルで水気を充分に拭き取る
3.  ドライヤーで乾かす
4.  日陰で自然乾燥させる
 
注意点として
 
1.  水没してしばらくはリモコンを操作しない
2.  ドライヤーで温め過ぎない
 
とのこと。
 
試しにスイッチを入れて動くかどうか確かめようとする人がいますが、これをやると電気回路がショートして完全に故障する可能性があるので絶対やらないようにしてください。
 
らしい。
 
いや、先に言っておいてくれよ。。
電池替える前も変えた後も、どっちもやってるよ。。
 
諦めずに、解剖して内臓から完全に乾かして復旧を試みる。
 
 
結論として、無駄!
 
密閉された袋にシリカゲル等と一緒に埋葬することで、3日ほどで復活することもあるらしい。
 
この暑い中、3日も待ってられるか!
 
まあ、不幸中の幸いとして、冷房状態で意識を失った為そのまま冷房は維持されており、熱中症リスクは回避されております。
 
不幸中の不幸として、寒くなってきても温度を上げることは出来ず、また停止をすることも出来ないので24時間冷房となってしまいました。
 
節電しろと言われましても。。。。無理orz
 
結局、Amazon様にお願いをして、2日後に新しい子をポストに投函して頂きました。
 
今度の子は、どのくらい保つのかな。。。
 

RANKING

ンキング