STAFF

タッフ紹介

TERACHI AKIRA

地 央

執行役員 営業本部長

生年月日
1984年
血液型
A型
出身地
神奈川県横浜市
趣 味
家族と出掛けること
大切にしている事
人と長く付き合う
特 技
野球 中途半端なものまね
略歴:
2005年 大手不動産会社に新卒入社
資産形成をすることが人のためになると思い業務に励むも現実は異なり、人のために役立っていると感じることができなくなる。 良いものなのに感謝の言葉だけではなくクレームも増えていくことにつれ疑問を抱くようになる。 大手仲介会社の先輩に話を聞き新築ではなく中古に興味を持ち退職。 その後、賃貸仲介、一棟マンション、一棟アパート、リノベーション物件などを経験しながら東京都内の中古ワンルームマンションが一番安定すると気付き現在に至る。

どうしてこの仕事に就こうと思ったのですか?

実は就活のとき、男性が少ないという理由でウェディングプランナーを本気で考えたこともありました。人と長く付き合える仕事がしたかったのです。この仕事はお客様の人生設計をするので長いお付き合いができると思いこの仕事を選びました。

思い出深い体験談は?

私が25歳の頃から複数件お付き合いいただいていたお客様から一棟アパートの購入相談を受けた時です。 その時は中古ワンルームマンションしか取り扱っていなかったので一棟アパートを専門ではやっておりませんでした。 そこで私は一棟アパートの業者を紹介するからそこで話しや物件を見てみるのはどうかとお話をしました。 しかしそのお客様は「多少高くてもよいから寺地さんから買いたいです」と言われたときは子供が生まれたときぐらいに嬉しかったですね。 それから業者を回って仲介ではなく自社で仕入れて売却させていただきました。 そのほうが保証とかも付けられますし金融機関も付けられますので。 結局自社で修繕も行い利益は少ししかありませんでしたがお客様には大変喜んでいただくことができました。 今では私が買えばよかったなどと冗談を交えながら食事をしたりしてます。(笑) お客様のご家族もお会いしたりご友人のご紹介もいただいたりとすごくいい関係を築かせていただいておりますので、今後もしっかりとサポートできるよう努めていこうと思います。

やりがいを感じる時はどんな時ですか?

何から始めればよいのか、または既に保有している方にご提案させていただき、「リスクをしっかり話してくれたから寺地さんから購入しました」というお言葉を頂いた時です。それはリスクもしっかり把握したうえで物件を購入したというよりは私個人を買ってもらったということですから人間力も必要になります。 それがご紹介に繋がりまた同じお言葉を頂くとはきやりがいを感じます。

働く上で大切にしていることは何ですか?

良い意味でお客様の下手に出すぎないことを意識しております。メリット・デメリットに限らず良いもの悪いものをはっきり遠慮しないでお伝えさせていただいております。そこから信頼関係に繋がると思っておりますので遠慮はしないようにしています。

クレドを一言で言うと…?

本気でマンション投資の業界を良くしたい、お客様を勝たせたい、運用がうまくいっていないお客様を救おうと思っているからこそ一人一人が真面目な会社です。 でも遊ぶときは社員全員で全力で遊ぶから社内の環境が良いですね。