fbpx

SEMINAR

ミナー

テレビ電話でマンション投資相談!効率よく時間の運用

  • ※テレビ電話

テレビ電話でマンション投資相談!効率よく時間の運用

昨今、新型コロナウィルスが猛威を振るう中で外出を自粛をしている方が多いと思います。また、世界株価暴落や原油価格の下落で株式投資やFXで含み損を抱えてしまっている方々もたくさんいらっしゃることでしょう。
弊社にも「純資産に変えておけばよかった」「やっぱり家賃収入は手堅い」などの様々な声を頂いております。
この機会に、収入に大きな変動のない家賃を目的としたマンション投資を考えてみてはいかがでしょうか。
マンション投資は、世間の認知度が高くなり、老後の対策や生命保険の見直し等の「保証商品」の位置付けとして始める方が増えている一方、残念ながら被害もたくさん出ています。
高額な商品だからこそ一生が変わってしまうかもしれません。
人生をよりよくしてもらいたい、マンション投資で失敗をしてほしくないと考えている株式会社クレドでは、新築物件で投資を考えている方や家賃保証でご契約を考えている方、地方都市で物件購入をご検討されている方々のセカンドオピニオンをする機会にして頂きたいと考えています。
「セミナーに行くのは少し腰が重い」「忙しいので会って相談ができない」などでお困りの方の為に、テレビ電話(ZOOM)で無料相談に応じております。

ご希望の方は下記【セミナーに申し込む】ボタンより進み、フォーム入力の上お申し込みください。
※ご希望日を確定させて頂きましたら、担当ライフプランナーよりメールにて時間の設定をさせて頂きます。
※担当ライフプランナーはお客様のご希望に沿わない事も御座います
※テレビ電話でのご相談は不動産投資に関するものに限らせて頂きます。

開催日時 原則として 9:00~22:30 ですがご相談ください
※お申込みフォーム「備考欄」へ希望日時をご記入ください。
定 員 1日5人まで  ※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
受講料 無 料
開講場所

(テレビ電話)
〈 電 話 〉0120-04-9010(フリーダイヤル)
〈メールアドレス〉info@fudousan-toushi.jp

 

金融リテラシーの向上

人生100年時代の到来により、今までの様に『退職金』『年金』『貯蓄』では賄いきれなくなるからこそ『身近なお金できちんと資産運用する』時代に突入しました。
『貯蓄から投資へ』の大号令がかかって20年
  ・投資信託の銀行窓口販売
  ・株式の売買手数料の自由化
  ・証券優遇税制の見直し
  ・少額投資非課税制度【NISA】
  ・つみたてNISA
  ・個人型確定拠出年金(iDeCo)
国をあげて「預貯金」から「投資」への流れになり、2019年6月の金融庁の発表では老後の年金が2000万円不足する可能性があると示唆しました。
そんな中、現金を投資するのではなく社会的信用があれば現金0円からでも始められる投資マンションも非常に注目をされているが、その流れに乗って【自分さえ良ければ】という会社も増えているのも事実。
スルガ銀行問題、カボチャの馬車、レオパレス、大東建託、ケリーバックス等、不動産投資という大きなカテゴリーでいうと世間を騒がしています。
問題が何かといえばもちろん企業側の責任もあるが、購入者の知識不足も大きな問題であると思います。
一歩立ち止まり「本当に大丈夫なのか」「営業マンの情報だけを頼りに購入」していないかどうか考えて頂きたい。
株式会社クレドは【不動産投資の駆け込み寺】という場を提供したいと考えております。

受講者様の声(アンケートより抜粋)

『会社の人から勧められたり電話で紹介があるので気にはしていたけど、仕事が遅いのでなかなか会うまで至らなかったので活用しました』30代 会社員
『知り合いから紹介された不動産会社の方と契約を決める前に不安になり調べていたらテレビ電話だし安心だと思い利用しました。新築を買わなくて本当に良かったと思いました。』20代 看護師
『前から興味はあったが地方在住で聞く機会がなかったのでサービスとしてすごく良いと思いました。』40代 公務員
『実際に合うのは怖くて一歩踏み出せなかったのですが、電話で好きな時間にご対応頂いたので良かったです。』30代 医師

◆対応するライフプランナー


寺地 央 :執行役員営業本部長
2005年 大手不動産会社に新卒入社
資産形成をすることが人のためになると思い業務に励むも現実は異なり、人のために役立っていると感じることができなくなる。 良いものなのに感謝の言葉だけではなくクレームも増えていくことにつれ疑問を抱くようになる。 大手仲介会社の先輩に話を聞き、お客様第一に考えた場合には新築マンションではなく中古マンションだと確信を持ち退職。 その後、賃貸仲介、一棟マンション、一棟アパート、リノベーション物件などの販売を経験しながら東京都内の中古ワンルームマンションが一番安定すると気付き現在に至る。

飯塚 理 :執行役員
不動産業界は15年以上。新築ファミリーマンション、新築投資用マンションの販売をし、その後中古区分マンションの販売へ。自分自身でも中古マンションで運用をしている経験を生かした提案をし、優しい口調だがよくないものもはっきりと言う為、老若男女問わず多数の顧客を持つ。
前職の経験から住宅ローンの見直しや借り換えの提案や、自身の既存顧客の運用例を用いた提案もしています。


磯田 幸子 :係長
大学卒業後、新築ワンルームマンションの販売会社に入社。
1年半の勤務後、自分が販売している新築マンションが正しい資産運用なのか疑問を持ち退職。その後、最も自分の考え方に合っていると感じた株式会社クレドへ入社。大学時代は塾講師をしていて保護者や生徒に親身になって相談に乗っていた経験から、現在もお客様に寄り添ったプランニングを得意としている。
自分自身で成功法則が見つからない投資はお客様にお勧めしないという信念を持ち仕事をしている。

イベント・セミナーへ申し込む