fbpx

COLUMN

ラム

投資の初心者は何から始めたら良い?おすすめの投資3つを解説

ノウハウ
投資の初心者は何から始めたら良い?おすすめの投資3つを解説

「投資を始めたい!何からやるべき?」「初心者におすすめの投資が知りたい」という方はこの記事をご参照ください。

まずは投資で「資産を増やしたいか」、「収入を増やしたいか」という目的をはっきりさせましょう。
続いて積立NISAiDeCo不動産投資と3つの初心者におすすめの投資、投資初心者が注意すべき点をご紹介していきます。
初心者が投資を行う際の注意点も解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

投資初心者がまずやるべき事とは?

投資を始めるにあたって「何から始めたら良いか分からない」という方は多いですが、まずは目的を明確に定め、年間の目標収益や投資に回す資金を決めることが重要です。
投資で利益を得るには「資産を増やす」又は「定期的な収入を得る」という2つのアプローチがあります。初心者には基本的に低リスク・低リターンの「定期的な収入を得る」方法がおすすめですが、株式投資の場合は銘柄によってリスクが高いものもあります。
また、投資はしばらく使う予定のないお金で行う点にも注意しましょう。

資産を増やしたいか、定期的な収入を得たいか
投資では「資産を増やす」、又は「定期的な利益を得る」という2つの利益を得る方法があります。
株式や不動産を購入した後、価値が上がり売却することで得られる利益を「キャピタルゲイン」と言い、キャピタルゲインによる資産形成は「資産を増やしたい」方に適しています。
一方で金融商品を保有しながら配当金や家賃収入等の定期的な収入「インカムゲイン」を得たいという方も多い事でしょう。
一般的に売買での投資は高リスク・高リターン、配当金や家賃収入等を目的とした投資は低リスク・低リターンと言われています。
ただし株式投資では利回りが高い銘柄はリスクが高い可能性があり、注意が必要です。投資に慣れ、本を読む、ネットで情報を得る等の方法で知識を得てから株式投資を行うようにしましょう。
まずは自身が高リスク・高リターンのキャピタルゲインで資産を増やすことと低リスク・低リターンのインカムゲインで定期的な収入を得る事、どちらが目的かを明確にしておきましょう。

投資は必ず余剰資金で行う
目的を明確にした所で、年間の収益目標や投資につぎ込む金額等も具体的に考えておきましょう。
特に株式取引は数百万円のお金が動くこともあり、「気が付いたら株式の資産が多くなっていた」「現金の保有が少なくなっていて、急な出費に困った」という投資家も多いです。

基本的に投資はしばらく使う予定の無い余剰資金で行う事が重要です。いざという時の生活費や急な出費に対応できる預貯金は確保しておき、「リスク資産は〇%まで」といったマイルールを決め、必ず守るようにしましょう。
年齢によってもリスクを許容できる度合いは異なります。
一般的には年齢が若い方が、たとえ失敗してもその後取り返せる可能性が高くなるため、高リスクの投資も可能と言われています。一方で、退職した方や高齢の方は低リスクの資産運用が良いとされています。

初心者におすすめの投資3選

「目的も目標金額も決まった。でも何から始めたら良いか分からない」という方は、積立NISA、iDeCo、不動産投資の3つから検討してみましょう。

積立NISAは金融庁が定めた低リスクの投資信託を積立で購入、売却益や分配金が非課税となる制度です。iDeCoは私的年金制度で、積立NISAのように投資信託を積立で購入しますが、原則60歳まで引き出せないという違いがあります。

不動産投資は住宅を購入し、貸し出すことで家賃収入を得る仕組みです。

一見難易度が高い投資に見えますが、不動産会社に管理や運用を委託する事で専門知識が無い方も投資を行う事が出来ます。

投資の初心者は何から始めたら良い

1.積立NISA
株式・投資信託を売却した際や配当金を貰った時は、原則約20%の税金が課されますが、NISA・積立NISAは一定の金額・期間内で非課税となります。
NISAは上場株式や投資信託等を年間120万円以内5年間、積立NISAは金融庁が定めた投資信託を年間40万円以内20年間、税金がかからない仕組みとなっています。
NISAは株式や投資信託で短・中期の売買を行いたい方向けで、投資に慣れた中級者向けの制度ですが、積立NISAは低リスクの投資信託を指定した期間に積立購入していく仕組みとなっています。

例えば日経平均株価やアメリカ、全世界市場等の指数に連動した投資信託(インデックスファンド)を積み立てて購入することで、株価が上がり続けると資産もどんどん増えていくことになります。
証券会社のホームページで購入時期や金額を設定し、最低でも1、2カ月に1回チェックをするだけで投資が行えます。
筆者も積立NISAを2020年10月から行っていますが、2021年1月7日現在で購入した投資信託の金額は約17万円、現在の含み益は13848円でプラス8.12%となっています。
定期預金の平均金利が0.002~0.003%であることを考えると効率的な資産運用方法と言えるでしょう。
ただし場合によっては元本割れのリスクがあります。

<<一緒に読みたい記事>>
知っておきたいNISAとつみたてNISA~始めるタイミングや時期はいつ?~

2.iDeCo
iDeCoは国が行っている個人型確定拠出年金という私的年金制度で、原則20歳から60歳までの方であれば誰でも加入できます。積立NISAやNISAと違い年金制度ですので、基本的に60歳までは資金を引き出せない仕組みとなっています。

NISA制度と同様、税制上優遇されており、掛金、運用益、給付金を受け取るときに税金が全額または一定額控除されます。
自分で毎月の拠出金額を決め、選択できる運用商品に掛け金を配分、あとは運用状況を定期的に見守ります。受け取る際は、一時金又は年金かを選ぶ事が出来ます。
「老後の資産形成を行いたい」「つい使ってしまうので、60歳まで引き出せないようにしたい」という方にはおすすめの制度です。
積立NISAと同様に元本割れのリスクが存在します。

<<一緒に読みたい記事>>
年金改革法で年金制度はどう変わる?FPがわかりやすく解説

3.不動産投資
不動産投資は新築や中古のマンション・アパート・戸建ての住宅を購入し、貸し出すことで家賃収入を得る仕組みです。

投資用の住宅を購入する際は、一般的に投資用ローンを組む方が多いのですが、ローンを組む事により投資した金額以上のリターン(利益)を得る事が出来ます。この現象を「レバレッジ効果」と呼び、投下した資本以上の利益が出る事を「レバレッジが効いている」と表現します。

例えば物件価格3000万円に対し、頭金や手続き費用で初期費用が300万円の資本を投下、残りはローンで返済することで10倍のレバレッジがかけられ、3000万円に対する家賃収入を得ることができます。

投資の初心者は何から始めたら良い

また、家賃収入で長期にわたってインカムゲインを手に入れた後、売却時に売却による利益(キャピタルゲイン)を得られる可能性があります。

空室が発生し、家賃収入が得られない空室リスクや、建物の経年劣化により発生する修繕費がかかる修繕リスク等のリスクがありますが、「住宅」という生活になくてはならないものへの投資であるため、不況に強く税制上優遇されており相続税対策としても有効です。

不動産会社によっては、物件選定から管理・運用、確定申告までサポートして貰えますので初めての方でも投資を行う事が出来ます。
特に低リスクで、安定した需要が見込める中古の区分マンションがおすすめです。
中古のマンションをおすすめする詳しい理由は、以下のコラムをご参照ください。
https://fudousan-toushi.jp/column/chuko-manshon

<<一緒に読みたい記事>>
不動産投資に向いている人とは?仕事や収入は?大家さんのアンケート結果も

投資初心者が知っておきたい注意点:「卵は1つのカゴに盛るな」

上記3つの投資を行う前に「資産は分散して投資すべき」という点に注意しましょう。
投資の格言として「卵は1つのカゴに盛るな」というものがあります。

卵を1つのカゴに盛ってしまうと、カゴを落とした時に全ての卵がダメになってしまいますが、複数のカゴに卵を盛り付けると、たとえ1つのカゴがダメになっても他のカゴの卵は安全です。資産も同様に複数の方法で保有・運用することでリスクを分散できます。
例えば300万円の資産を持っている場合、預金として100万円、積立NISAに約2年半をかけて100万円、不動産投資は中古区分マンションを購入、初期費用は100万円といったように資産を分散しましょう。
もし積立NISAが元本割れしてしまっても、預金や不動産投資には影響が無いため、安心して資産運用を続けていく事ができます。

これから投資を始めたい方は株式会社クレドへ

投資初心者が投資を始める前に決めておくべきこと、おすすめの3つの投資と注意点をご紹介しました。

特に不動産投資は需要が高い都心のマンションであれば、安定した家賃収入が期待できます。中古物件は初期費用が安く利回りが高いため、初めての方に適した資産運用と言えるでしょう。

株式会社クレドでは、中古区分マンションを中心に物件選定、管理・運営等をワンストップで行っております。
不動産投資の個別相談・セミナーの他にFPによる無料相談も行っておりますので、投資に興味のある方、これから始めたい方はご連絡ください。

<<一緒に読みたい記事>>
【体験談】初心者が陥りやすい失敗例から学ぶ、株式投資のコツ


\ファイナンシャルプランナーとの無料相談受付中!/

ライフシミュレーションの作成はご好評をいただいております。

\クレドは資産運用セミナーをオンラインでも開催中/

RANKING

ンキング