fbpx

COLUMN

ラム

不動産投資の副業はバレたらまずい?資産形成を始めるリスクと成功させるポイント

ノウハウ
不動産投資の副業はバレたらまずい?資産形成を始めるリスクと成功させるポイント

投資に興味はあるけれど、投資の中でも手間がかからない不動産投資は副業に該当するのでしょうか。

ここでは、知っているようで実は知らない、不動産投資が副業にあたるのかどうか、そしてサラリーマンやOLが不動産投資をするメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。デメリットを踏まえた上で、失敗しないためのコツについても解説しているの、早速チェックしていきましょう。

不動産投資は副業にできるのか

投資にもいろいろな種類がありますが、家賃収入を得ながらローンを返済していく不動産投資は、少ない資金でもオーナーになれることから、副業として始める人も増えています。

副業を禁止している会社もありますが、副業に対する定義やルールはあいまいで、本業に支障をきたさないものは容認する会社が増えてきていること。そして不動産投資は、自分が業務を行う必要がないため、副業に該当しないと判断されているためです。

公務員の方々も国家公務員法と地方公務員法で副業が禁止されているため、安易に始めることはできませんが、一定の条件の範囲内であれば副業とはみなされず不動産投資が可能です。
一定規模とは5棟10室の事を指し、1戸建てなら5棟以上、マンションなら10室以上になると事業規模と判断されて副業規定に抵触してしまう事があります。

また、家賃収入が年間で500万円以上になってしまったり、建物管理や賃貸管理を自分自身で行ってしまうと本業に支障をきたすという理由で副業委規定に該当するなど様々な条件が存在します。

その一方で、金融機関の融資条件が良いという背景がある為、社会的信用を活用した不動産投資は相性の良い投資商品として人気があります。

また、銀行員や金融関係などの業種によって、副業は認められるが不動産投資は禁止されているケースなど、会社によってルールが定められている場合があります。
勤務する形態や業種によって副業の線引きが大きく変わってくるので、勤務先の就業規則を確認してみましょう。

どんな人が不動産投資をしているのか

不動産投資は、誰でも成功するのかというとそうではありません。不動産投資には向いている人と向いていない人がいます。

どんな方が不動産投資に向いているのかとういと、
・ 将来のためにお金の勉強をしている人
・ セミナーや勉強会に積極的に参加し、横のつながりを作っている人
・ 気になったことは調べ、日々情報収集をするのが苦にならない人

ひとつでも当てはまる人は、コツコツ情報を集めて計画的に実行できる力が身についているので、不動産投資に向いています。

逆に、不動産投資に向いていない人は
・ 自ら考えて行動に移せない人
・ 1円でも損をしたくない人
・ 他人の話を鵜呑みにして情報収集をしない人

他人任せで努力することが苦手な人は、不動産投資には向いていません。

不動産投資を始めた人たちの声

不動産投資には向き、不向きがありますが、実際に始めた人は、はどんな感想を持っているのでしょうか。

年金の代わりになるものを探し不動産投資をスタート
ベンチャー企業で働く30代のSさんは、日本の年金制度に不安を感じ、20代後半から投資の勉強を始め、いろいろな商品を試してきました。

30代になって不動産投資の話を聞き、セミナーに参加したのがきっかけで、不動産投資をスタート。いろいろな種類の投資を経験したからこそ、不動産投資は副業に適していると実感しているそうです。

今は親身になって相談できる担当者と巡り合うことができたので、定期的に情報共有して気になることがあったらすぐ相談し、3件目の投資を視野に入れて情報収集を進めています。

長時間労働からの脱却
SEとして働く30代のOさんは、毎日深夜まで残業が続き、長時間労働が蔓延している環境にいました。転職も視野に入れつつ、将来的には独立をしたいという夢があったため、貯蓄を元に不動産投資を考えるようになりました。

インターネットには精通したので、目標が決まると情報収集を行い、気になった不動産にアポイントを取って物件探し。何件かの不動産と物件をチェックした後、管理会社も決まり、今は独立に向けての準備を進めています。

インターネットの情報だけでは判断しにくい部分があったので、直接不動産会社に出向いて話を聞くというのは、不動産投資をする上で大事な作業だったと痛感しているそうです。

友人の話を聞いて投資に興味を持つ
30代のLさんは大学時代の友人から不動産投資の話を聞き、家賃収入とローンの返済額の数字が書かれた資料を見て、これなら自分でもできるのではないかと思ったそうです。
その後友人が提携している会社を紹介してもらい、投資に向けての物件選びや資金計画などを経て、投資生活3年目を迎えました。
やはり、担当者が親身になってくれるかどうか、そして信頼できる会社かどうかは非常に重要なポイントだったとのこと。
投資に対してイメージが持てるかどうか、そして興味を持ってから行動に移せるかどうかが成功するためのキーワードになるのかもしれません。

サラリーマンやOLが不動産投資を行うメリットとデメリット

不動産投資は、上手に運用できれば安定した家賃収入が得られますが、メリットがあるということは当然デメリットも存在します。ここからはメリットと注意しなければいけない点について確認していきたいと思います。

メリット1:大金を失うリスクが低い
不動産投資は、投資の中でもリスクが低いため、株やFXのように、1日で大金を失ってしまうということは、まずありません。
リスクが低い分、資金を回収するためには長期的な時間の運用が必要になりますが、ローンを完済すれば自分の資産になりますし、売却してお金に変えるという方法もあるので、手堅い投資といえるでしょう。

メリット2:融資を受けやすい
サラリーマンやOLは、月給制の人がほとんどで、キャリアに応じて年収が上がっていくことから、個人事業主や派遣社員よりも融資が受けやすいというメリットがあります。
投資する物件や自己資金にもよりますが、審査から契約までスムーズに進めることができたとしたら、2件目やアパート一棟投資へと次の投資の夢も広がります。
物件が増えれば月々の家賃収入も見込めるので、融資が受けやすいことを利用して資産を拡大していくことも大きなメリットとなるのではないでしょうか。

メリット3:インフレ対策になる
2020年に新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、マスクの需要が追いつかず値段が高騰するという事態に陥りました。新型コロナウィルスによる影響は長期化し、国の財政赤字がどんどん膨らみ、インフレに備える動きも囁かれています。

物の値段が上がり、お金の価値が下がってしまうインフレはいつ起きてもおかしくない状態ですが、不動産は現金と違い、不動産の価値が上がれば家賃に比例していきます。そのため、不動産投資は、資産をリスク分散する形として注目を集めているのです。

メリット4:手間がかからない
不動産投資は、他の投資と違い、準備や情報収集に労力がかかりますが、売買契約を結び管理する会社と委託契約を結べば連携しながら進めていくので、手間がかかりません。
適宜情報共有と対応策の検討が必要になりますが、相談を受けて決定し報告を受けて状況を確認するという流れになるので、本業と両立しながら効率的に資産運用することができます。
本業と副業との両立ができ、なおかつ手間がかからないという点も人気の秘密なのではないでしょうか。

メリット5:節税効果が期待できる
不動産投資で購入した物件は、不動産所得が発生するため、確定申告をしなければいけません。これは、家賃収入から、固定資産税や修繕費などの必要経費を差し引いたものになります。必要経費には、建物の劣化によって資産価値が下がってしまう減価償却費を計上することができるので、結果的に所得税を抑える節税効果が期待できます。
不動産投資をしているからこそ得られる貴重な情報なので、やり方を覚えれば経費の仕組みや次の投資のための情報収集にもつながります。

デメリット1:購入前に時間と労力がかかる
不動産投資には大きく分けて5つのメリットがありますが、どの物件でも良いかではありません。
物件情報を集め、現地確認や内覧、買付のための価格交渉や銀行から借りる場合には融資のための資料作成などたくさんのステップを踏んでいかなければいけません。
全て自分で動けない方には一緒に進めてくれる不動産会社を選び、パートナー作りをするのも成功させるポイントのひとつ。こまめに連絡を取り合い、情報収集と決断を繰り返していくことになります。
不動産を選定することも難しい判断になりますが、購入前には時間と労力がかかるので、仕事が終わって自宅に戻ってから資料に目を通すなど、慌ただしい日々を過ごすことになるでしょう。

デメリット2:確定申告が必要になる
副業をしていない会社員の場合、会社で一括して各種税金の計算をしてくれるので確定申告の必要はありません。しかし、給与以外に20万円を超える収入がある場合確定申告が必要になります。
確定申告のやり方はというと、自分で用意するものと、不動産会社に依頼するもの、ローンを組んでいる場合には金融機関から借入金返済表なども必要になります。
はじめて確定申告をする場合、取り寄せる資料が多く何をどこに記載したらいいのか分からないので、税理士に依頼するか、もしくは会計ソフトを使うなど何らかの対策が必要です。

確定申告は、毎年2月16日~3月15日の1か月間が申告期間として定められ、前年の1月1日~12月31日までに家賃収入がある場合には確定申告をしなければいけません。上記のメリットでご説明したように、所得税の節税対策が期待できるので、管理にかかった費用を経費として計上し、節税対策も行うようにしましょう。

デメリット3:管理コストがかかる
不動産投資は、始めるまでにいろいろな労力がかかりますが、ひとつずつ丁寧に進めていけば難しいものではありません。確定申告も毎年行わなくてはいけない業務なので、いずれ定着しやり方も覚えていくことができます。

また、不動産は月日と共に建物が劣化するため、修繕が必要になるケースや、天災や自然災害で想定外の修理費用が発生することもあります。
不動産投資では、家賃収入に目がいってしまうものですが、不動産の建物を管理してくれる会社に支払う費用や、賃貸管理の斡旋や入居者とのやり取りを代行してくれる賃貸管理委託料等も支払わなければなりません。
しかし、これらは必要な経費なので管理するにはコストがかかることを頭に入れておく必要があります。

不動産投資で失敗しないための手順とコツ

不動産投資の副業
不動産への投資には、メリットとデメリットがありますが、デメリットも踏まえた上で上手に運用していきたいと思うものです。では、どのような点に注意したら失敗しないのか、手順とコツについてご紹介したいと思います。

ポイントは以下の7つです。

 1. 情報収集
 2. リスクとデメリットにも着目
 3. 目標の明確化(シミュレーション)
 4. 信頼できる不動産会社を選ぶ
 5. 物件を探す
 6. リスクも視野に入れた計画
 7. 管理会社を選ぶ

投資に情報収集は必要不可欠です。メリットがあるということは、当然リスクやデメリットも存在するので、注意点を明らかにしておきます。また、将来的にどのような形で不動産を活用したいのか、具体的な目標をシミレーションしておくと、資金計画も立てやすくなるので、計画を立てておきましょう。

物件選びも大事ですが、信頼できる会社選びも必要不可欠です。セミナーや勉強会に参加し、自分の目で見て判断するようにしましょう。決して『大手会社だから安心』ではなく、中小企業でも会社の理念や方向性を重視し、長く担当してくれる様な会社・パートナー選びが重要です。不動産投資の夢をサポートしてくれる会社を見つけたら、いよいよ物件探しです。

インターネットを使って物件の検索もできますが、本当に良い物件は手軽な方法では入手することはできません。不動産会社の非公開物件等も見せてもらいながら納得のいくものを紹介してもらう事が成功の秘訣です。

不動産経営は、天災自然災害とも上手に付き合わなければいけません。リスクも視野に入れて余裕がある収支計画を立て、毎年計画通りに進んでいるのか見直しも行いましょう。
会社によっては個人の資産管理ページを作成してくれて自分だけの将来設計や所有不動産の状況をインターネット上で随時確認できるシステムを導入しています。
売買契約や返済計画などが確定したら、最後は物件を管理してくれる賃貸管理会社を選びます。管理会社を選ぶと一安心ですが、情報収集とサポートしてくれる会社との連携を意識していくことが重要です。
仕事が忙しく、投資に時間が作れない方にとっては、物件の選定から賃貸管理まで一貫して請け負ってくれる会社・パートナーを選ぶのも大きなポイントの一つです。

不動産投資を考えている人は、上記の7つの意識しながらまずは情報収集から始めては如何でしょうか。


\ファイナンシャルプランナーとの無料相談受付中!/

ライフシミュレーションの作成はご好評をいただいております。

\クレドは資産運用セミナーをオンラインでも開催中/

RECOMMEND

ススメの記事

RANKING

ンキング