fbpx

COLUMN

ラム

資産運用で重要な「ポートフォリオ」とは?老後の資産形成や年代別の資産運用を解説

ノウハウ

資産運用で重要な「ポートフォリオ」とは?老後の資産形成や年代別の資産運用を解説

「老後の為の資産運用をどう行ったら良いか分からない」「資産を上手く分散させるには?」「自分の年齢では、どういった資産運用を行えば良いのだろう」というお悩みをお持ちの方は多いでしょう。

これから資産形成・運用を行うにあたって金融商品の配分・組み合わせを決めた「ポートフォリオ」を作成する事で、リスクを分散し効率的に資産運用を行う事が出来ます。ポートフォリオは年代別のライフスタイルにより変化しますので、定期的に見直す必要があります。

まずはポートフォリオ作成のために、金融商品の特徴と「財産3分法」という考えについて理解しておきましょう。

続いて年代別のポートフォリオや資産設計・運用についてお伝えしますので、年代別の資産形成や老後に向けた資産運用にご興味のある方はぜひご覧ください。

金融商品の特性と「財産3分法」

ポートフォリオを作成し、資産運用の設計を行うためには各金融商品の特性を理解しておく事が重要となります。

金融商品には換金(流動)性(すぐ現金化できる)、安全性(安全確実に増やせる)、収益性(大きく増やせる)という3つの特性がありますが、残念ながら全てに優れている商品は存在しません。

投資の世界では、「財産3分法」というポートフォリオを活かした資産運用が効率が良くリスクの分散に優れていると言われています。

まずは「財産3分法」と金融商品の特性について学んでおきましょう。

知っておきたい「財産3分法」という考え
「財産3分法」とは「資産は預貯金・株式・不動産の3つに分けて持ったほうが良い」という考え方です。3つの金融商品をバランスよく所有することで、資産全体のリスクを抑え効率的な運用が期待できます。

各証券会社では「財産3分法ファンド」という投資信託の運用を通じて債権、株式、不動産に分散投資を行う商品を販売しています。

債権は比較的低リスク・低リターンな投資であることから預貯金と同じく安定性を重視した資産として扱われています。

預貯金・株・不動産の特性を理解しよう
預貯金・株・不動産の特性を換金(流動)性、安全性、収益性という3つの側面に分けて学んでおきましょう。

例えば預貯金は安全確実で換金性にも優れている商品ですが、ハイリターンを期待することはできません。株式は大きく値上がりする可能性がありますが、逆に見通しが外れて大きく値下がりしてしまうというリスクがあります。

金融商品には上記のように一長一短があるため特定の金融商品に運用が偏ってしまうと、資産全体のバランスが悪くなってしまいます。

3つの特性とリスク・リターンに関しては以下の表を参考にしましょう。

 

 

預貯金

株式

不動産

換金(流動)性

×

安全性

×

収益性

×

リスク・リターン

低リスク・低リターン

ハイリスク・ハイリターン

ミドルリスク・ミドルリターン

 

老後の資産と年代別ポートフォリオ

ポートフォリオや資産の運用方法は、年代別のライフスタイルにより異なります。

金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査」の結果によると、年代別の貯蓄の目的は、30代~40代では「子供の教育資金」が1位であるのに対し、20代と50代以降は「病気や不時の災害への備え」が1位となっています。

また「老後の生活資金」と答えた方は年齢が上がるにつれて増加していますので、いかに年齢別にお金の使い道や貯め方が違うかお分かりいただける事でしょう。

ポートフォリオは3年、5年と年代別に定期的に見直し、場合によっては資産運用の方法を変えていく必要があります。

年代別の資産運用・ポートフォリオを見ていきましょう。

20代~40代
20代では社会人生活をスタートする方が多く、貯蓄・運用・保険について学ぶ時期です。まずは貯蓄の習慣を定着させ、定期預金や保険について学んでおきましょう。

20代~40代で未婚の方は、リスクが高い運用が可能ですので株式や不動産を中心に資産を形成していきましょう。

まずは預貯金をある程度確保した上で、売買を中心とした株式投資を行いましょう。資金がある程度貯まったら、長期的に家賃収入を得られる不動産投資を切り替える事をおすすめします。

30代、40代はマイホームを購入する方が多い年代ですので、住宅ローンの返済計画と共に購入資金の貯蓄を行いましょう。結婚する方は保険の見直しを行った方が良いでしょう。

結婚して子供が生まれた場合、子供の教育資金を計画的に貯めておきましょう。自動的に指定した口座から積立が出来る積立定期預金だけでなく、ジュニアNISAで株式・投資信託による運用を行うのも良いでしょう。

50代
老後の資金を準備する時期に入ってきますので、不動産や預貯金で資産を運用する事をおすすめします。株はハイリスクな売買取引ではなく、配当金や株主優待を目的とする事で低リスク・低リターンの活用が可能です。株よりリスクの低い投資信託もおすすめです。

保険に関しては、死亡保障から医療保障へ重点を置いた見直しを行いましょう。今後罹る確率の高いがん・脳卒中・心筋梗塞といった3大疾病の保障を手厚くすると良いでしょう。

子供の自立により家庭の負担が減ることになる一方、場合によってや早期退職や能力給により収入が減るケースもあります。

不動産投資や株・投資信託等で資産運用しつつ、預貯金を殖やしていきましょう。

リタイア時期が段々延びている事から、健康状態や保有している資産の状況を考慮に入れセカンドライフの設計を行いましょう。

60代~70代以降
2020年5月に成立した年金改革法により、年金の受給開始年齢が60~75才に拡大される見通しです。年金額が十分でない方や長く働く意欲がある方は、健康に留意しつつ仕事を続けていきましょう。

厚生労働省の資料によると、生涯の医療費は一人当たり平均約2,700万円で、70歳までで50%、70才以降で50%かかると言われています。

退職金を元手に不動産投資や投資を始める方もいらっしゃいますが、上記のようにこれからお金が必要になってきますので低リスクでできる資産運用を心がけましょう。

60代で投資用の不動産を購入し、家賃収入を年金代わりにする方もいらっしゃいます。

リタイアした場合は資産運用の勉強が出来る時間ができますので、書籍やセミナーで資産運用を学んでみるのも良いでしょう。

人生100年時代に向けた老後の資産形成・運用は、株式会社クレドへ

金融商品の特性と「財産3分法」、年代別のポートフォリオと資産運用の方法についてお伝えしてきました。

預貯金・株・不動産をバランス良く組み合わせ、年代別のマネープランに沿ったポートフォリオを作成することで、老後の資産形成・運用に大いに役立つ事でしょう。


\ファイナンシャルプランナーとの無料相談受付中!/

ライフシミュレーションの作成はご好評をいただいております。

\クレドは資産運用セミナーをオンラインでも開催中/

ランキング

RANKING