COLUMN

ラム

手堅く不動産投資をしたい人は知っておきたい「団体信用生命保険」

手堅く不動産投資をしたい人は知っておきたい「団体信用生命保険」

「不動産投資は、実は保険を買っている」と聞くと驚く人も多いかもしれません。実は不動産を金融機関からの融資によって購入する場合、融資条件の一つとして「団体信用生命保険」への加入を義務付けていることが多いのです。
 融資を受けている人が死亡したり、高度の障害を患ってしまったりした場合、融資を返済することが難しくなります。この時に融資の残債を生命保険会社が肩代わりしてくれる仕組みが団体信用生命保険制度というものです。勘違いをしてはいけないのが、肩代わりをしてくれるのは金融機関ではなく、生命保険会社であるということです。
 団体信用生命保険によって融資の残債が完済されれば、無借金の資産=物件が遺族に相続されることになります。遺族は引き続き賃貸に出すことで家賃が遺族年金代わりになりますし、物件を売却すればまとまった一時金を受け取ることもできます。
 ただし、生命保険会社は無制限に残債を返済するというものではありません。金融機関ごとに残債の返済上限額が設定されています。たとえば、ある地方銀行が加入している団体信用生命保険の場合、1億円が上限とされているケースもあります。仮に死亡時の残債が1億円以上あるとすれば、残債を完済することができなくなります。団体信用生命保険に加入する場合には残債の返済上限額はきちんと確認しておきましょう。場合によっては、団体信用生命保険では支払い切れなかった残債を完済するためには他の生命保険などに加入する必要も出てきます。
 また、最近の団体信用生命保険では、「がん保険」「10種類の生活習慣病」「介護」等様々な特約を付加する事が出来たり、既についている商品も多くあります。
金融機関によって選べる保障が違うので確認することが大切です。

「団体信用生命保険」に加入すると生命保険(死亡保険)はいらなくなる!?

 生命保険(死亡保険)は、自分が亡くなってしまったり、特定の高度障害が出て働けなくなってしまったりした場合に家族に支払われる保険金のことです。これまで紹介したように、団体信用生命保険に加入すれば、自分に万が一のことがあれば、保険金を支払ってくれるので実質的には生命保険(死亡保険)に加入していることと同じことになります。

 生命保険(死亡保険)に加入している場合、団体信用生命保険と二重に保険料を支払うことになるので、不動産投資をスタートすると保険の見直しや生命保険(死亡保険)解約をされるオーナー様が多いのです。
 不動産を購入したから生命保険会社の死亡保障は全て解約する方は少ないにしても、不動産投資の場合であれば条件を満たせば毎月プラス収支で運用が出来る為、収入を受け取りながら保険に加入することになります。
 保険加入をしている方々の中には、親御さんが入ってくれていた商品を引き継ぐ、友人に勧められたから、会社で推奨する保険会社で何となく加入した等、理由は様々ですが、
不動産投資をするタイミングで見直すチャンスはありそうです。
 また、当たり前のことですが生命保険(死亡保険)は家族のための保険なので、自分が亡くならなければ保険金を手にすることはできません。しかし、団体信用生命保険の場合は、長生きして融資を完済すれば、購入した不動産は手元に残ります。つまり、自分に万が一のことがあった場合には死亡保障の生命保険として、そのまま長生きした場合には個人年金保険のようなメリットがあるというのが、不動産投資の団体信用生命保険なのです。

家族のための不動産投資という視点も

 不動産投資は正しくリスクを理解し、正しいリスクの対処法を実践することで、将来のための資産形成を着実に行うことができます。
これまで紹介したように団体信用生命保険は残された遺族のための保険といえるでしょう。団体信用生命保険に加入することで現在、加入中の生命保険(死亡保険)を見直すことができれば、家計の無駄なコストを減らすことにも繋がります。
 金融機関によっては”がん”と診断された場合に残債が0円になるものもあるので、がん保険の代わりにお持ちになるのも一つでしょう。その場合には、無借金のマンションが自分名義で所有できるので、毎月の家賃収入をそのまま治療代に使う事が出来たり、まとまった資金が必要な場合には売却して一時金を得る事も出来ます。
もちろん、肝心の不動産投資で正しく収益を上げられなければ意味がありません。そこは、専門家の話を注意深く聞き、自分にあった方法を見つけるのが一番です。

 株式会社クレドでは、多くの金融機関との取引きがあり、その分ご紹介できる団体信用生命保険も多くございます。お気軽にご相談ください。

ランキング

RANKING