fbpx

COLUMN

ラム

少額から始められるおすすめの不動産投資を解説!REITやクラウドファンディングも

ノウハウ

少額から始められるおすすめの不動産投資を解説!REITやクラウドファンディングも

不動産投資を始めとした資産運用をこれからスタートさせたい方は、「まず少額から運用したい」という声が多いです。

いきなり数百万円の資産をつぎ込む投資はリスクが高く、初心者は失敗する確率も高いため、「まず少額から」とお考えの方は堅実な資産運用に適しています。
不動産投資では現物への投資に加え、REITや不動産クラウドファンディングといった最低1万円から投資が可能の商品があります。

ただし「少額から投資できる=儲かる」とは限らないため、可能な限り初期費用をおさえながら利回りの高い投資方法を選ぶ事が重要となります。
この記事では不動産への投資方法の種類とおすすめの投資法、3人の不動産投資体験談をご紹介します。

少額から始める不動産投資とは?現物投資からREITや不動産クラウドファンディングも

不動産投資には主に①現物(不動産)への投資 ②REIT・J-REIT ③不動産クラウドファンディングの3つの方法があります。

REIT・J-REITは不動産を対象とした投資信託で、数万円から運用が可能です。不動産クラウドファンディングは1万円から始められる新しい不動産投資として注目を集めています。
新しい資産運用が増える中、おすすめはやはり昔ながらの現物への不動産投資という結論になります。一体なぜでしょうか?

不動産投資の種類と現物への投資をおすすめする理由をお伝えしていきます。

1.不動産への現物投資
住宅を購入し、第三者に貸し出し家賃収入を得る仕組みです。一般的に「不動産投資」と言うとこの方法を指します。
マンション・アパートや戸建てと住宅の種類により利回りや需要が変化します。

少額から始められるおすすめの不動産投資を解説

マンションやアパートの場合、区分・一棟・地域・築年数やアクセスの良さによっても利回りやニーズは異なります。おおよその目安としいて、上記の表をご参照ください。

2.REIT・J-REIT
REITは不動産に特化した投資信託です。投資家から集めた資金でオフィスビルやホテル、マンション等の不動産を複数購入し、得られた利益を投資家に還元する仕組みです。
REITはアメリカで生まれた金融商品で、「Real Estate Investment Trust」の頭文字を取ってREIT、日本版をJ-REITと呼びます。
証券取引所に上場されており、毎日値動きがありますので運用する際は定期的なチェックが必要となります。
商品にもよりますが、数万円から運用が可能ですので現物への投資より敷居が低めとなっています。

3.不動産クラウドファンディング
不動産クラウドファンディングとは、投資家から資金を募り、集まった資金で不動産を購入・経営していく方法です。
仕組みがREITと似ていますが、REITとの違いは「証券市場に上場していない事」と「1つの物件に投資」することです。1口1万円からとREITよりさらに少額からの投資が可能です。
ただしREITと違い、市場に出回っているわけではないので現金化が難しい傾向にあります。

おすすめはやはり現物投資
現物への不動産投資、REITやJ-REIT、不動産クラウドファンディングと様々な投資方法をご紹介しましたが、おすすめはやはり現物への投資です。

理由は以下の6つとなります。
①現物への投資なので不況に強い
住居という生活に必要不可欠である物を購入、貸し出すことで不況下でも安定した収入を見込めます。

②中古のワンルームマンションなら初期費用がおさえられる
新築マンションより初期費用が安く利回りが高いという点で、他の投資法と比べ有利となります。

③ある程度自分でリスクをコントロールできる
例えば台風や豪雨等の自然災害が気になる方は損害保険に加入することでリスクをおさえられ、災害が起こり得る可能性を調べられる「ハザードマップ」であらかじめ災害リスクの高い地域を避ける事が出来ます。

④経営の知識が身に付く
賃貸事業のお金の流れや仕組みが分かり、経営のスキルが身に付きます。
経営に携わる時間が無い方は、不動産会社に委託しましょう。

⑤空室率が低い時は、長く安定した家賃収入が手に入る
空室率が低い地域・物件を選定することにより、安定した収入が手に入ります。

⑥レバレッジ効果がある
不動産投資は少ない初期費用で大きなリターンを得られる「レバレッジ効果」があります。投資用ローンを組む事により、頭金や諸費用だけで物件の家賃収入を得る事が出来ます。

特に①、③、⑤、⑥は不動産への現物投資ならではのメリットと言えるでしょう。ここからは初期費用がおさえられる、中古のワンルームマンションを中心に3人のオーナーの体験談をご紹介していきます。

不動産投資で中古区分マンションが選ばれる理由とは?3人の体験談をご紹介
少額から始められるおすすめの不動産投資を解説

少額から始められる不動産投資は、REITや不動産クラウドファンディングの他に「現物への中古ワンルームマンション投資」があります。
中古ワンルームマンション投資は、現物への投資ならではのメリットである不況への強さ、リスクがコントロール可能、レバレッジ効果といった恩恵を受けながら、比較的少額の初期費用でも投資する事が可能な「良いとこ取り」の投資手法です。(ただし物件により条件は異なります。)
「本当に中古ワンルームマンションで大丈夫?」「実際に運用しているオーナーの声を聞きたい」という方のために、3人のオーナーの体験談をご紹介します。

FXから投資を始めた20代男性のケース
インターネットの検索で株式会社クレドを知り、マンション投資を選んだ20代男性・K様は、レバレッジ効果のあるFX取引を行っていましたが、取引に時間を費やすためマンション投資に切り替えました。
クレドが提案した築浅のマンションを、「駅近くが良い」というご自身の判断でご購入、後は手続きのみで運営はお任せいただいています。
「駅近」というリスクコントロールで、経営は順調、「2件目も早めに購入したい」という声を頂いています。
※参考ページへ

運営するなら中古マンションが良い!40代男性オーナー
40代のH様は、新築マンションを購入したものの初期費用が高いため心配が多く、中古マンションを購入する目的で株式会社クレドにご連絡いただきました。

都内の好立地の物件が割安で手に入り、所有して4年「もっと早くやっておけばよかった」と感じたそうです。不動産投資を始めてからの変化は、確定申告をしなければならない事、口座にお金がたまっていく事だそうです。
※参考ページへ

「お金持ちがやるものだと思っていた」20代女性は毎月プラスで運用

20代女性・K様はロボアドバイザーによる資産運用サービスで少額から投資を始め、投資に興味を持ち、資産運用フェアで株式会社クレドのブースにいらっしゃいました。
「資産運用サービスのように気軽に投資が出来るのではないか」と考え、マンション投資に興味を持っていただき中古マンションのオーナーになりました。「資産運用はお金持ちがやるものだと思っていた」とおっしゃるK様ですが、マンション経営は毎月プラスで、堅実な経営をされています。
※参考ページへ

初心者からベテランまで、たどり着いたのは中古マンション投資であるという事実
3人の共通点は、「最初は別の投資をしていたが、最終的には中古マンション投資に行きついた」という点です。
もちろん個人の性格や運用できる金額により、投資手法に向き不向きがあり、株式投資やFX、新築マンション投資が資産運用に適していない、ダメな投資という訳では決してありません。

ただし、FX新築マンション投資ロボアドバイザーによる投資等、様々な投資を行った3人が最終的に辿り付いたのが中古マンション投資であることは事実です。
まず中古マンション投資を始めて見る事が、効率的な資産運用方法である可能性は高いのではないでしょうか?

株式会社クレドで不動産投資を始めよう

現物への不動産投資やREIT、クラウドファンディング等少額から始められる不動産投資についてお伝えしてきましたが、おすすめは中古区分マンション投資という結論になりました。株式会社クレドでは、都心の物件を中心に中古マンションを多数取り扱っています。
厳選した物件選定には定評があり、管理・運営を委託する事も可能です、確定申告のアドバイスまでお手伝いさせて頂きます。FPによる資産運用全般に関する相談も無料で行っていますので、まずはご連絡ください。


\ファイナンシャルプランナーとの無料相談受付中!/

ライフシミュレーションの作成はご好評をいただいております。

\クレドは資産運用セミナーをオンラインでも開催中/

あなたにオススメの記事はこちら

RECOMMEND

ランキング

RANKING