fbpx

COLUMN

ラム

これで空室は怖くない?マンションの効果的な空室対策5つ

これで空室は怖くない?マンションの効果的な空室対策5つ

これから不動産投資を始める予定の方、始めようか悩んでいる方、既に賃貸マンションを運営しているオーナーは空室対策の知識を身に付けておきましょう。

不動産経営で空室は家賃収入が滞る大きな損失であり、避けなければならないリスクとなります。あらかじめ対処法を知っておきましょう。

これからオーナーになる予定の方は不動産経営における空室とは何か、空室対策の必要性について知っておき、オーナーの方は空室の理解を深め、対策を確認しておきましょう。

この記事では不動産経営における空室とは何か、効果的な空室対策6つをお伝えしていきます。

「家賃保証」というオーナーにとって安心の保証制度もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

オーナーにとっての賃貸マンションの空室とは

オーナーがマンションを運営する際に最も恐れることは「空室」と言われています。空室が発生することで家賃収入がなくなり、場合によってはローンの返済に支障をきたしてしまいます。

サラリーマンで例えると車や家のローンを組んでいるにも関わらず給与収入が減額、または入ってこない状態です。

ただし適切な空室対策を知っておく事で、空室が発生した時に冷静で的確な対処が可能となりますので、空室リスクが軽減できます。

さっそく賃貸マンションの空室を避けるための対策を6つご紹介していきます。

賃貸マンションの空室対策5つ

賃貸マンションの空室対策を5つご紹介していきます。

まず「家賃を見直す、不動産会社に広告を出してもらう」方法は、効果が高い王道の空室対策と言えるでしょう。

インターネット無料等の人気設備の設置、プチリフォームは手軽にできる空室対策で、入居者の快適度と利便性を向上し、物件の需要を高めていきます。

そもそも対処する時間が無い、空室リスクを気にせず運営したいというオーナーは空室保証がある不動産会社と契約するという方法があります。

1.家賃を見直す
賃貸住宅の選定条件で「家賃」は非常に重要な要素となります。
建物は経年劣化と共に資産価値が落ちていきますので、5年10年と定期的に家賃を見直していきましょう。

また、周辺の相場価格より家賃が高い場合、入居者に避けられやすくなりますのでポータルサイト等で相場の家賃を把握しておきましょう。

競合物件と築年数や規模が同様でも、宅配ボックスやインターネット無料等の人気設備がある場合や日当たり等の諸条件で家賃に差が出ますので、ライバルのマンションをよく確認しておきましょう。

「どうしても家賃収入を下げたくない」という方は、敷金・礼金等の値下げや廃止を検討してみましょう。

2.人気設備を設置する
インターネット無料やオートロック、エアコン付き等人気設備を設置する事で空室リスクを軽減できる可能性があります。
入居者によって設備のニーズは異なり、オートロックやコンロが2口以上は女性に人気、忙しいサラリーマンや共働きの家庭には宅配ボックスや24時間ゴミ出し可能と入居者に合わせた設備を設置すると効果が高いです。

入居者の年齢や性別、世帯構成等からターゲットが必要とする設備を判断しましょう。
「自分ではよくわからない」という方は不動産会社に相談してみるのも良い方法です。

3.少額のリフォーム
大規模なリフォームは時間とお金がかかりますので、負担とならない少額のリフォームを行うと入居が決まるケースがあります。

クローゼットのクロスを張り替える、シーリングライトを羽根つきのお洒落なものに変える等のちょっとした工夫で部屋の印象ががらりと変わる事があります。

部屋内の見栄えで内覧時の印象が左右され、入居希望者にとって重要な決め手となり得るのです。たとえ築年数が古い物件でも部屋内の壁紙や設備が新しく、古さを感じさせない場合は空室リスクが少なくなります。

特に女性は台所やトイレ等の水回りにこだわる方が多いので、女性がターゲットのマンションではウォシュレットを数万円程度で付ける、台所の蛇口を最新の物にする等で空室対策となる事があります。

4.不動産会社に宣伝してもらう
空室対策に効果があるのは家賃の値下げと広告と言われています。不動産会社に宣伝を強化してもらう事で、多くの人の目に留まり空室リスクが軽減されるでしょう。インターネットやチラシ等で広告を出してもらった後、自分でも広告をチェックし出来上がりを確認してみましょう。
「オートロックを強調して女性に入居してもらいたい」「駅から3分を前面に出し、利便性をアピールしたい」と物件の良さやアピールポイントを効果的に宣伝してもらうために広告チェックは必要不可欠です。

5.空室保証がある不動産会社と契約する
不動産会社の中には「サブリース」という契約方法を選択できる会社があり、一度不動産会社が部屋を借り上げた後入居者に部屋を貸すいわゆる「転貸」の仕組みになっています。
一般的にサブリースは家賃保証とセットになっており、空室リスクが無いと言われています。
ただ、サブリースにはリフォーム工事が必須条件となる事例や、悪質な会社が突然契約を解除するといったトラブルがあります。一方で空室保証はサブリースと異なりお手頃な手数料で空き室を保証する事が可能です。空室リスクを気にせず運営したい方は、空室保証がある不動産会社と契約すると良いでしょう。

地道なマンション管理・運営が最大の空室対策?

空室を発生させないために、入居者に居心地の良い住環境を提供し長く住んでもらう事で退去率を下げていきましょう。
入居者がオーナーや管理会社に求めている事は「トラブルがあった時の適切な対応」です。騒音問題やゴミ捨てのトラブル等、集合住宅にトラブルはつきものですが、迅速に適切な対応をすることで入居者は長く住んでくれることでしょう。

また、設備の修理・破損等に迅速に応じる、共用部を清潔にしておくといった毎日の地道な管理・運営も重要となります。
管理を委託しているオーナーは、管理会社が日頃どんな対応をとっているか、定期的に連絡を取り確認してみましょう。
24時間対応と謳っている管理会社の中には夜中にトラブルがあり電話をしてみると「昼間の担当でないと分からない」という実質24時間対応ではない会社も存在します。退去が続いた時には物件だけではなく「管理・運営に問題はなかったか?」を振り返ってみましょう。
既に物件が満室のオーナーにとっては、地道な管理・運営、トラブル時の適切な対応で退去率を下げることが最も効果的な空室対策と言えるでしょう。

株式会社クレドの空室保証で安心の不動産投資を

マンション経営で空室は早急に避けるべきリスクです。少額のリフォーム、人気設備を導入する等の方法で対策を行いましょう。効果が高いのは広告を出す事と家賃を下げる事でしょう。
「空室対策を行う時間が無い」「空室を気にしながら運営したくない」という方は、株式会社クレドの空室保証をご利用ください。

新たに賃貸管理プランである空室保証は、

  • 管理手数料は家賃の5%
  • 空室期間の家賃を株式会社クレドが保証する(退去時に31日の免責期間あり)

※新築は条件が異なります

というサブリースとは異なる新しい形の保証制度です。
「オーナー様の心理的負担や手間を軽減したい」「空室保証をきっかけに、より多くの人に不動産投資の良さを知ってもらいたい」という理由から空室保証プランをスタートしました。
空室リスクが気になるオーナー様や不動産投資にご興味のある方は、株式会社クレドにお気軽にお問い合わせください。


\ファイナンシャルプランナーとの無料相談受付中!/

ライフシミュレーションの作成はご好評をいただいております。

\クレドは資産運用セミナーをオンラインでも開催中/

RANKING

ンキング