中古マンション投資とは | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

中古マンション投資とは

マンション投資ってどういうものなんだろう?


株式会社クレドでは、東京都内の中でも人気で賃貸需要に強い物件を利用した『中古マンション投資』を個人に合わせたプランニングをさせて頂きながらのご提案・賃貸管理含めてのアフターフォローをさせて頂いております。

ここでは株式会社クレドがご提案する『中古マンション投資』について、初めての方にも分かりやすくご紹介していきます。

1.中古マンション投資を知る~不動産投資におけるマンション投資の価値~

購入したマンションを、最初からご自身が住むためではなく賃貸用として第三者に貸し出し、長期的に家賃収入を得られるのが「マンション投資」です。

マンション投資は、他の不動産投資の商品と比べても、安定した長期の収入と高い資産価値を得ることができます。
では、そんなマンション投資を、店舗ビル投資・駐車場投資と比較してみましょう。

まず『店舗ビル投資』は、主な顧客が企業なので、高額な家賃収入や信頼できる取引が期待できます。
しかし、企業に貸出するからこそ 景気状況に大きく左右され、賃料水準が急に変動したり、エリアによっては空きテナントだらけになったりする可能性 も充分に考えられます。
しかし、賃貸マンションの家賃はほとんど横ばいで、景気に大きく左右されません。安定した入居率の物件なら、長期的な収益が安定的に見込めます。

次に『駐車場投資』ですが、こちらは初期費用だけでなく、維持費や修繕費用も安く抑えることができます。その反面、利回りは低くなり、不動産投資の中でも税制面の優遇がほとんどありません。

マンション経営なら、確定申告で不動産所得を申請した場合、所得税の還付や住民税の軽減を受けることができます。

ポイント 『マンション経営』は、他の不動産投資に比べ、リスクが低く安定した収入源になると言うことができます。

2.なぜ、新築より中古マンション投資なのか?

新築か中古か・・・どっちがいいんだろう?


マンション投資の中にも、『新築マンション』『中古マンション』という2つの投資先があります。

新築マンション に関して、入居者は新しい物件を選ぶ傾向にあるので、同じ様な賃料設定だった場合には空室率は上がります。
しかしながら、昨今の新築物件では10万円を超えるような家賃設定の物件も多く、新築時でも数か月間は賃借人が決まらないといった事例も出ています。

耐用年数も長いので、長期間の維持ができ、初期の管理上のリスクも低くなります。
しかし、当然の事ながら物件価格は高く、相場家賃よりも高い設定の家賃は下がりますし、建物管理費・修繕積立金等のランニングコストも高くなるので、利益がでるまでにはかなりの年月が必要です。

中古マンション は値段が安く、初期費用が抑えられるのが大きな特徴です。もちろん、修繕費用が必要な物件もあるので注意が必要ですが、すでにある物件の修繕履歴や状況を確認してからご購入できるので、事前に修繕費用をお見積りしておけば、後から大きな問題にはなりません。

また、新築物件に比べて利回りが高く、新築マンションでは3%程度ですが、中古マンションでは5%以上の物件も数多く存在しています。さらに、ご購入時点ですでに入居者がいるマンション(オーナーチェンジ)が殆どで、ご購入頂いて直ぐに家賃収入をお受け取りになる事が出来ます。
株式会社クレドでは、ご購入いただいた時点で空室の場合、最初の入居者様が決まるまでは『つくまで保証』という制度をご用意しておりますので、仮に空室の場合でもご購入後直ぐに家賃収入を確保できるシステムをご用意しております。

ご購入前に、修繕費用などのリスクを解決しておけば、中古マンション投資の方がメリットは遥かに大きいのです。

それでは次に、基本的な仕組みを理解していきましょう・・・・・

保存

保存