実績があるマンションを見極める | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

実績があるマンションを見極める

資産価値の高いマンションを見分けるには、どこを見て「資産価値」を判断すればいいのでしょうか。中古マンション投資では、投資が成功する物件であるかどうか、過去の取引事例などを参考にすることができます。

1.過去の取引事例で、投資価値の高い中古マンションを見極める

中古マンションを購入した場合、新築当時の情報を入手することができます。いくらで販売されていたか、家賃がいくらだったのかなどが分かるのです。

当然のことながら、販売価格は新築時よりも安い金額となっています。新築時の分譲価格と比べて、ほんの数年で70%の価値になっていたり、半値まで下がっていたり、またはそこまで価格が変わらないような物件まで、条件により価格はさまざまですが、値下がりしていることに変わりはありません。

値下がりした物件の場合、どのような原因で下落してしまったのかを、物件の場所や供給数などから分析していきます。

こうして 過去の資料をもとに結果と原因を当てはめていく ことで、本当に価値がある物件を見極めて投資をすることができるのです。

2.「実績がある=儲かる中古マンション物件」を見極めるには

実績のある中古マンションの 見極めポイントは、以下の4 になります。

・最寄り駅から徒歩10分以内の物件
・同一エリア内の物件が供給過多になっていないか
・ブランドマンションであるかどうか
・当該物件に強い不動産会社から情報をもらう
ポイント最寄り駅から徒歩10分以内の物件
資産価値を保つためにまず必要な条件は、「立地」です。最寄り駅から徒歩10分以内の物件は、資産価値が下がりにくいと言われています。
また、新たにマンションを建てる余地がないエリア や、今後の新開発で地価が上がりそうなエリア も、資産価値の維持が期待できます。
ポイント同一エリア内の物件が供給過多になっていないか
資産価値が下がる要素の一つに、「過剰な供給=部件数の多さ」があります。
中古マンションの価格相場は市場の需要と供給から決まるので、同一エリア内で多くの同じようなマンション物件が売られていると、価値が下がる原因となります。

できれば、マンション購入時に、今後新たなマンションの建設計画があるがどうか、念のため確認するといいでしょう。
ポイントブランドマンションであるかどうか
最近では、施工会社や分譲会社で物件を選ぶ人が増えています。大手が施工しているということが、取引する人の信頼感につながっているわけです。
ブランド名で指名買いされる物件は、将来価値が下がりにくいと考えられるため、資産価値が高いマンションであると言えます。
ポイント当該物件に強い不動産会社から情報をもらう
中古マンションはすでに実績があるため、新築時と現時点の「販売価格や家賃」「同社の同規模マンションの家賃相場や取引事例」をインターネットなどで確認することができます。
ただし、同じ似たような条件の物件でも、実際は一つひとつ異なります。自分が調べた情報から導き出した資産価値が、本当に正しいか判断するのは難しいものです。そこで、一般には出回っていない情報を熟知している不動産会社に相談することが大切です。

弊社クレドでは、物件に関する数多くの情報量が集まっており、不動産投資に役立つセミナー を開催しています。
また、実際に物件をご紹介する際には、中古ワンルームマンションに注目し、東京都内でニーズが高く人気のエリアのみ を厳選してご紹介させていただいております。

中古マンション投資について一から知りたいという方も、儲かる物件を今すぐ知りたいという方も、ぜひお気軽にご相談ください。