中古マンション投資の5大リスク | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

中古マンション投資の5大リスク

これから中古マンション投資をはじめる方は、不動産投資におけるリスクについて、あらかじめ把握することが大切です。

 ・空室のリスク
 ・ローン金利上昇のリスク
 ・別途かかる費用のリスク
 ・不動産価値の下落のリスク
 ・災害による被害のリスク

といった5つのリスクをわかりやすく解説し、最小限に抑えるポイントも紹介していきます。

1. 中古マンション投資の5つのリスク対策法

長期的に安定した収益が見込める不動産投資の中でも、頭金が少なくて比較的はじめやすいと言われる中古マンション投資。
昨今では、担保価値が上昇してローン金利が下がり、融資が受けやすくなったことから、中古マンション投資はさらに注目を浴びています。

中古マンション投資には「新築よりも購入金額が安く、資産価値が安定した物件を見つけやすく、購入後にすぐプラスになる」といった3つのメリットがありますが、今回は、その魅力の陰に潜む5大リスクについて取り上げていきたいと思います。

リスク空室のリスク

不動産投資でもっとも避けたいリスクの一つである、空室リスクを防ぐポイントについて紹介してきます。継続的に入居者が集まる中古マンション投資の条件として、「エリア編・家賃編・保証編・開発業者編・修復編」5つの視点から、データや過去の事例を参照に 空室リスクとその対策 について解説していきます。

リスクローン金利の上昇のリスク

中古マンション投資の運用をしていく中で、ローン金利が上昇した場合に備えてどのような対策をしておくべきなのか、ローン返済方法 や ローン手続きに関する保険 など、上手に リスクを回避する方法 を解説していきます。

リスク別途かかる費用のリスク

中古マンション投資を行ううえで、臨時的に発生する修繕費用をテーマにしています。マンション設備の交換目安や修繕費用を分かりやすく表にまとめ、専有部分と共有部分の修繕箇所はそれぞれどのくらいの割合で負担するのかなど、修繕コストに関わる内容を解説していきます。

リスク売却時の不動産価格の下落のリスク

中古マンション物件を売却する場合の注意点を紹介しています。抵当権がついた物件は、ローン残高が多く残っていると簡単に売却手続きができないという点や、新築・中古マンションを例にした不動産価格が下落するポイントを解説していきます。

リスク天災による被害のリスク

中古マンション投資の災害リスク対策として、火災保険と地震保険の補償内容や保険料の違いについて紹介しています。また、地震リスクの回避法として、地盤の強いエリアの選び方や、耐震性に優れている中古物件の見分け方なども解説していきます。

中古マンション投資をはじめる際には、投資のメリットだけでなく、きちんとリスクについても把握し、両方の視点から見比べる力を養うことが、投資家として必要な素質であるといえます。

ぜひ、各ページのリスクと対策法を理解し、中古マンション投資の運用に役立てていただけたらと思います。

保存

保存