家賃収入を得て夢の不労所得を! | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

不動産投資の知恵袋
Answers

2017年3月29日

家賃収入を得て夢の不労所得を!

不労所得を継続的に手に入れて余裕のある生活を送ることを夢見ている人は不動産投資を考えてみましょう。不動産経営は賃貸経営をして家賃収入を得ることができる投資の方法として知られており、長期的に見ると高い収入が得られます。

不労所得って何?

通常は生活をするために必要なお金は仕事をして給料として手に入れます。

給料は一般的には労働に対する対価として支払われるものですが、労働をしなくても所得が得られる場合もあり、それが『不労所得』に相当します。銀行の預金の利息や生命保険などの給付金、宝くじなどでの当選金が不労所得に該当するものです。

一時的にだけ手に入れられる不労所得もあれば、継続的に収入につながるものもあります。貯めてきた資産を運用することによって得ているものがほとんどと言えるでしょう。

不労所得の一つとしてマンション投資による家賃収入が該当し、不動産の賃貸経営をして借り手がついてしまえば、実質的には何も労働を行わなくても収入にすることができます。

不動産で得られる不労所得とは?

不動産投資をして得られる不労所得は基本的には家賃収入です。

不動産を購入して、それを賃貸経営することによって賃料を得るのが不動産経営の基本ですので、マンションや一戸建てなどの住宅やオフィスビルなどを手に入れて借り手を探すことにより賃料を得ることができます。実際には所有している不動産の管理業務が必要になることから、全く労働が必要ないというわけではありません。

しかし、通常の仕事のように毎日あくせくと働く必要はなく、賃貸管理の業務委託をしてしまえば実質的にはほとんど何もしなくても賃貸経営をすることができます。すると毎月徴収できる家賃が不労所得となるのです。経営の規模が大きくなるほど収入も高くすることができるでしょう。

ローン完済後に一気に所得が増える!

家賃収入による不労所得はあまり高くないと感じる人もいます。

これは不動産を購入した際にローンを組むことになり、毎月返済を行わなければならないことが多いからです。

そのローンを支払っているうちは、家賃から返済額分だけ収入が目減りしてしまうことになるでしょう。しかし、ローン完済後には状況が変わり、家賃収入がそのまま手取りの収入になります。

そのため、ローンの支払いさえ終わってしまえば大きな不労所得を得られるのが不動産投資なのです。

ただし、完全に全ての家賃収入を自由に使えるわけではありません。不動産を管理するのに必要な費用や不動産を所有していることによる固定資産税の支払いもあるため、その分を支出として考慮しておきましょう。