初めての不動産投資で「優秀で信頼できる営業マン」はどう判断する? | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

不動産投資の知恵袋
Answers

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド > 不動産投資の知恵袋 > 初めての不動産投資で「優秀で信頼できる営業マン」はどう判断する?
2019年7月2日

初めての不動産投資で「優秀で信頼できる営業マン」はどう判断する?
記事コンテンツ/ [マンション投資]

初めての不動産投資なので、正直不安だ…と思っている人は多いでしょう。そのため、信頼できるパートナーが欲しい…と思うもので、特に営業マンが勧めてくる物件はどれも魅力的な物件のように見えてしまいます。

しかし、信頼のおける営業マンからの情報でないと、何か裏が隠されているかもしれないと思ってしまうのが本音です。
今回は、不動産投資において重要な「優秀で信頼できる営業マン」かどうかを判断するチェックポイントを解説します。

優秀で信頼できる「営業マン」を見つける重要性

不動産会社に問い合わせをした際に、対応してくれる営業マンのレベルは大変重要である…と言われても、いまいちピンとこない人もいるでしょう。しかし、物件選びを想像してもらえると分かりやすいですが、例えば物件を選ぶ際に、不動産会社の営業マンから以下の流れで説明を受けるとします。

  • 不動産投資をするメリットの説明
  • エリアの資産価値や将来性
  • 収益シミュレーション
  • 空室や家賃下落などのリスク

その不動産に関するあらゆる説明を、基本は一人の営業マンから受けるのです。もちろん、営業マンが言っていることを鵜呑みにせず、自ら考え検証することは重要です。とはいえ、営業マンの情報を基本概念として考えるので、その情報が的外れだとしても適正な判断ができません。

つまり、優秀ではない営業マンに出会ってしまうと、最初から間違った物件選びをしてしまうリスクがあるということです。
更に悪いケースだと自分たちが「売りたい」物件を紹介しているだけかもしれません。
このことから、不動産投資において優秀な営業マンと出会うことは非常に重要であることが分かります。

「優秀で信頼できる営業マン」の条件とは?

では、優秀で信頼できる営業マンとはどのような営業マンか?というと、以下のような条件をクリアしている営業マンです。

  • ファイナンスや経済、不動産業界の正確な知識を身に付けている
  • 投資家の身になって提案をしている
  • 必要以上に急かさず、投資家の話を真摯に聞く

ファイナンスや経済、不動産業界の正確な知識を身に付けているかをチェックする

不動産業者は不動産を『売る』ことが目的です。そのため物件についてはどの営業マンも語ることができます。
しかし、ファイナンスの知識や経済、不動産業界の正確な知識を身に着けている優秀な営業マンばかりだとは限りません。

そして、不動産投資では、ファイナンスや経済、業界の知識が重要になってくるのです。不動産市況や今後の金利情勢など、一歩踏み込んだ質問をすることで検証することができます。

投資家の身になって提案しているか

不動産業者は上述の通り物件を売ることで収益を得ています。しかし、自分たちの利益だけでなく顧客にも利益をあげていただき、ともに成功することを考えている営業マンは投資家の目線に立った提案をします。最も分かりやすい点とすると、メリットだけでなくリスクをしっかりと説明するか否かです。
不動産投資は確かにメリットはたくさんありますが、リスクもあるミドルリスクミドルリターンの商品であるという事は忘れてはなりません。
メリットばかりを話して消費者への夢物語を語り、購買意欲を高めるだけの営業ではなく、最悪のケースを想定したシミュレーションや消費者の今後の生活状況を踏まえたリスク提示やリスク回避をしてくれるかどうかで見極めましょう。

つまり、その営業マンは「売ること」が目的なのか、「投資家が利益を上げられること」を目的としているのかで信頼のおける営業マンかどうかを判断することができます。

必要以上に急かさず、投資家の話を真摯に聞く

タチの悪い営業マンはとにかく契約を急ぎます。投資家が「不動産投資」自体に何も理解していないような状態でも「大丈夫です」「任せてください」といってくる営業マンは、投資家のことを考えていると言えるでしょうか?
また、業者によっては「値引き」や今日決めてくれたらと「特典」を用意するケースもあります。
もちろん物件によっては「人気エリアのため売れ足が速い」「キャンセルが出たばかりの物件」など、検討できる期間が短い場合もありますが、物件のご紹介で契約を急がせる前に、投資家がリスクを十分に理解したかを確認した上で契約を促してこそ、信頼できる営業マンと言えるでしょう。

初心者は何よりもまず「堅実な不動産投資」を目指す

信頼のおける営業マンを判断するためには、まず自分自身が堅実な不動産投資家を目指さないといけません。つまり、一攫千金を狙う投資ではなく、愚直にコツコツと利益を積み上げていく投資家です。

なぜなら、堅実な投資家でないと営業マンが信頼できない上手い話をしただけで、「これは儲かるかも!」と思って、その話に乗っかってしまう可能性があるからです。

株式会社クレドは、そんな堅実な不動産投資を目指している方をサポートする会社です。物件を厳選する基準や投資家をサポートする体制も、全て堅実な不動産投資のために尽力しています。