不動産投資をする場合に持っていると役立つ資格は? | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

不動産投資の知恵袋
Answers

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド > 不動産投資の知恵袋 > 不動産投資をする場合に持っていると役立つ資格は?
2016年11月1日

不動産投資をする場合に持っていると役立つ資格は?
記事コンテンツ/ [その他]

不動産投資にはたくさんの知識が必要になります。自分自身の投資ですからすべて人任せにせず、自分で判断できるようにしていきたいものです。そのために持っていると役立つ資格についてどのようなものがあるかチェックしていきましょう。

宅地建物取引士はどんな資格?

不動産投資で役立つ資格としてまず多くの人が思い浮かべるのが宅地建物取引士でしょう。不動産業者で重要事項の説明等の業務に当たることが出来るという資格です。

 

一通り取得のための勉強を進めていけば、不動産を売ったり買ったりするときに必要になる知識を幅広く学べます。不動産の権利がどうなっているかという事に関する知識、売買手続きの知識、法律上不動産にどういった制限があるのか、といったことは投資をするうえで欠かせない知識です。不動産投資は額の大きなものですから、取引を始める前に自らしっかりチェックしていきたいものです。

 

比較的短期で狙える資格ですから、今後不動産投資を続けていきたいならぜひ挑戦しておきましょう。

ファイナンシャルプランナーの資格はどんなときに役に立つの?

不動産投資がかかわる資格としてファイナンシャルプランナーも話題に上がることがあります。こちらは不動産だけではなく、資産運用に関する幅広い知識を学びます。

 

不動産取引に役立つことはもちろんですが、税金面の知識などにも触れることが出来ます、税額が大きくなりがちな不動産投資ではこうした知識があるかどうかで判断が変わり、結果的に利益の大きさが変わってきます。

 

また、ライフプランや保険など日常生活にかかわる知識も学べます。自分自身の生活に役立てるほか、投資する不動産のニーズを考える際にもこうした知識が役立ちます。まず一通り幅広く学んでおきたいという方にファイナンシャルプランナーは適した資格であるといえるでしょう。

マンション管理士の資格が生かせる不動産投資とは?

不動産投資の中でも特にマンションを中心に手掛けていきたいと考える方は、購入後の管理が重要になってきます。その時に必要な知識を備えるならマンション管理士の資格取得に挑戦しておくのが良いでしょう。

 

マンションの場合、日常の修繕や大規模修繕などでトラブルが起きやすくなります。きちんと管理できなければ不動産の価値を大きく損なってしまう事もあるのです。管理するのに資格が必要という事はありませんが、知識があったほうが適切な管理をしやすくなるうえ、マンションに入居する人の信頼感も高めることが出来ます。

 

土地や戸建て住宅よりもマンションを中心に運用していこうとしている方は、ぜひ早いうちにマンション管理士の資格を取得しておきましょう。