マンション投資はローンと現金購入どちらが良いのか!? | 中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド

不動産投資の知恵袋
Answers

中古マンション投資・不動産投資セミナー:株式会社クレド > 不動産投資の知恵袋 > マンション投資はローンと現金購入どちらが良いのか!?
2016年11月1日

マンション投資はローンと現金購入どちらが良いのか!?
記事コンテンツ/ [よくあるギモン]

マンション投資を始める際に自己資金がある場合には現金購入をしてしまおうと考えることもあります。
ローンを組んで現金を手元に残しておくのとどちらが良いのでしょうか。現金購入に着目して違いを理解してみましょう。

単純に利益率が見えてくる

不動産投資をする際に不動産を一括購入することのメリットは、利益率が単純明快になるということです。ローンを組む場合には金利がかかって余計に出費がかかることになりますが、変動金利の場合にはどの程度の出費になるかが予想しづらい部分もあります。しかし、一括購入をした場合にはローンの返済に関する不確定要素がないため、手に入れた不動産の修繕や管理などにかかる費用と、空室も考慮した毎月の家賃収入とから単純に利益率を判断できます。資金計画を十分に行っておかないと破綻してしまいやすいのが不動産投資のデメリットの一つです。しかし、一括購入をすることを決断すると支出が明確にしやすくなり、間違いのない資金計画が立てられます。

利息の支払いが無いので買いやすい

不動産投資で一括購入を選ぶと買いやすいと感じる人も多いのが事実です。その原因になっているのはローンの返済ということがよくあり、利息の支払いなしで購入できることに魅力を感じる人が多いでしょう。利息があることによって余計に資金的な負担がかかってしまうのは事実なので、ローンを組まないに越したことはないと考えるのはもっともなことです。また、ローンの返済を毎月行わなくて良いため、いつ返済ができなくなってしまうかわからないという不安を払拭することができます。ローンを抱えていると万が一仕事を失ったときに返済が難しくなってしまうリスクがありますが、一括購入してしまっていればその心配がありません。そして、もし他の収入が途絶えても家賃収入で暮らしていくことも期待できるのです。

利息分を積み立てして修繕費に

不動産投資のときに一括購入をしてしまうと手元の現金がなくなってしまうのは懸念材料となります。必要なときに手元の現金がないと使えなくて困ってしまうという事態になることは注意しましょう。特に不動産投資をしているときには不動産の修繕費が必要になるため、その積み立てを予め行っておくことが重要です。そのときの考え方として、ローンを組まないで済んだことによる利息分を修繕費として積み立てていくというのは賢明と言えます。もともとあったかもしれない出費を不動産投資のために使っていくという考え方をすればそれほど痛手には感じずに済むでしょう。修繕費として十分な金額かどうかを試算した上で、利息分を充てるという方針を持っておくといざというときに困りません。